大きさは遺伝で決まる?

medicine

VP-MAXプラスの利用を検討している男性にとって、ペニスのサイズは人一倍気にしてしまいますよね。
銭湯へ行った時、横に座った男性のペニスをうっかり覗き見してしまった…なんてことも人によっては経験があるのではないでしょうか。
思春期を迎える前の男の子同士が、自分のペニスを見せ合いっこをして、「アイツは大きい」「コイツは小さい」と、悪気もなく評価し合うという今思えばちょっとエッチな経験から、サイズについて気にするようになってしまったという方もいるでしょう。
子どもの頃は身長もぐんぐん伸びますしその分体格も良くなっていきますが、ペニスや睾丸だって同じことが言えるんです。
小学校5~6年のいわゆる高学年になって、その頃に入浴の際にしっかりと亀頭を出すようにして洗うようにすれば男性ホルモンが分泌されて、ペニスも大きく成長するようです。
VP-MAXプラスの利用を検討している方は、それなら今からでも実践すれば大きくなる可能性があるんじゃないか?と希望を持たれたかもしれませんが、残念ながら二十歳を迎える頃にはペニスの成長もストップしてしまいます。
VP-MAXプラスの利用を検討している方もご存知かもしれませんが、そもそもペニスの大きさというのは遺伝が関係していると言われていて、祖父や父の髪がフサフサなのか少ないのかということと関係があるように、ペニスの大きい小さいということ、さらには形さえも受け継がれてしまうんですよ。
成長期にペニスを丁寧に触ることもなかったし、おじいちゃん、お父さんから考えるとやはりペニスを大きくすることは無謀だ…と諦めそうになりますが、技術が発展した今はVP-MAXプラスのようなペニス増大サプリメントも存在していますので、まだまだ希望を捨てないで下さいね!